変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、長年にわたり繰り返された膝への負担やケガなどによって
関節の軟骨が磨り減り、骨の変形などを引き起こします。
男女比は1:4で女性に多く高齢になるほど罹りやすい病気です
初期には立ったり座ったりの動作や、歩き始めなどの動作の開始時に痛みが出て
休むと痛みが取れますが、初期でも急性期では関節液がたまり、強い疼痛が起きます
症状が進むと変形も進み、歩行が困難になり
膝が完全に伸びなくなったり、正座が出来なくになったりします
原因は老化によるものが多く、外傷(骨折、脱臼、靭帯や半月版の損傷)や肥満
化膿性関節炎などの感染症の後遺症として発症することもあります
予防として、大腿部の筋肉を鍛える、正座を避ける、肥満であれば減量する
冷やさずにあたためて血行を良くするなどがあります。
蒲田 整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
膝にかかる体重を骨盤矯正で前後左右に均一にかかるようにして
正しく膝に体重が乗るようにして痛みを軽減させます。
a:1898 t:1 y:1