手根管症候群

手根管症候群とは、手のひら側付け根にある「手根管」とよばれる
正中神経と複数の腱が通るトンネルが慢性的な圧迫を受けて
起こる痛みやシビレ、運動障害を起こす病気です。
原因は手の使いすぎや、手首の骨折、脱臼、腱鞘炎、痛風、
ガングリオン、慢性関節リュウマチ、血液透析による
アミロイド沈着、などで中年以降の女性に好発します。
症状は人差し指、中指、親指と薬指の親指側に
シビレと痛みが発生します。小指に症状が無いのが
特徴です、症状は朝に強く出て、手を振ったりすると楽になります。
検査はチネル徴候と呼ばれるもので手のひらの少し上を
軽く叩くと人差し指と中指に放散するシビレがでます。
ファレンテストは手首を屈曲させてると症状が強くなります。
治療は症状が軽い場合は固定などの保存療法となりますが
拇指との対抗運動が出来なくなったり、拇指球の筋肉が
明らかにやせてきた場合などは手術の適用となります。
画像の説明
蒲田の整体 グリーンPCTカイロプラクティック
a:1824 t:3 y:3