頚椎捻挫(むちうち症)

頚椎捻挫(むちうち症)とは自動車事故で後部から追突された時に
起こる頸や肩、背中などに掛けて起こる外傷を頚部捻挫と
呼ぶことが多く、スポーツなどによっても引き起こされます。
症状は肩こりや首筋、背中などが痛み、耳鳴り、頭痛、めまい
吐き気、食欲不振などです。またタイプは4種類に分けられていて
「捻挫型」は最も多く全体の70~80%を締めています症状は肩こり
似ていて、軟骨にひびが入ったり、靭帯を損傷したりします。
「神経根型」は頸の痛みと腕の知覚異常がおもな症状で腕のほうに
伸びている神経を圧迫して起こっています、首を深く曲げたり
回したりクシャミや咳で症状が悪化します。
「脊髄型」は足のシビレや痛みが出るのが特徴で、排便や排尿が
困難になる場合もあり、これは脊髄が損傷された時の症状です。
「バレーリュー型」はめまい耳鳴り・疲れ目に加え
顔、のど、腕の知覚異常また声がかれたり嚥下困難などを症状とし
これは交感神経の働きが異常になったために起きます。
蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティックでは
頚椎だけではなくそれを支えている骨盤から見直し矯正します
トルクリリーステクニックで神経の流れを整えて
オリキュロセラピーで症状を緩和させて一日でも早く
楽になっていただきます。
a:1584 t:3 y:1