■オーストラリア人は日焼け止めについて「ますます間違った情報を信じている」、新しい研究が示す

画像の説明
Australians are becoming “increasingly misinformed” about sunscreen, new research has showed
Megan Haggan — 20/10/2017
https://ajp.com.au/news/survey-reveals-suncare-myths/

世界悪性黒色腫学会で発表された、がん評議会の全国日光安全調査の最新統計によると、毎日日焼け止めを使用しても安全だと理解しているオーストラリア人はたった55%しかいない。この数字は2014年の61%から減っていて、17%が日焼け止めには健康に悪い成分が入っていると心配している。1/5は日焼け止めを定期的に使うとビタミンD濃度が下がると信じている。

オーストラリアがん評議会の公衆衛生委員会委員長Craig Sinclairはオーストラリア人が日焼け止めを信用しなくなっていることを極めて心配だという。オーストラリア人の3人に2人は一生の間に一度は皮膚がんと診断される。別の研究では十分量使用していない人が85%である。

食品安全情報blog

蒲田の整体グリーンPCTカイロプラクティック